きもの物語
 きものは「染め」と「織り」に大きく分けることができます。
  • 白生地に後から模様を付けていくものを「染めのきもの」と言います。
    ◆手描き友禅(京・加賀・江戸など)
    ◆手描き染め(ろうけつ・ぼかし・まきのりなど)
    ◆絞り染め(京絞り・辻ヶ花染めなど)
    ◆型染め(江戸小紋・型友禅・更紗・紅型(びんがた)など)
  • 生地にする前の糸を染めてから織り上げたものを
    「織りのきもの」と言います。
    ◆絹・麻・木綿・ウールなど

  • 黒地に裾模様、染め抜きの五つ紋が付いたものが
    正式の黒留袖。ミセスの第一礼装です。
  • 黒地以外の地色のものは色留袖といいます。

  • 衿・肩から裾にかけて縫い目のところも
    柄がつながった絵羽模様が特徴。
    ミス・ミセスの第二礼装着となります。
    華やかさを持ち、披露宴やパーティ、お茶会など
    お出かけに幅広く着こなすことができます。
  • 衿部分に柄がなく、
    一般的に訪問着よりも控えめな感じです。
    気軽な社交着として使うことができます。

  • ちりめんやりんずなど地紋がある生地を
    黒以外の色で染めて仕立てたきものです。
    三つ紋以上を付ければ、訪問着よりも格上です。
    また、控えめな色であれば
    黒無地の帯をあわせて略喪服にもなります。
  • きもの全体に柄のあるものを小紋といいます。
    ショッピングやお稽古ごとの時など、
    気軽に楽しめるきものですが、
    江戸小紋などは、紋をつけ準礼装の装いとなります。
    帯を袋帯にすれば格が上がり友禅小紋など、
    その華やかさから、ちょっとしたお出かけや
    パーティにも着ていけます。

  • 織りのきものは先染めのきものとも呼ばれ、
    染色された糸で縞(しま)・絣(かすり)などを
    織り出して柄にします。
    最も高級な着尺地として、お召し(おめし)があり、
    結城紬・大島紬・黄八丈・越後上布・宮古上布など
    日本各地にさまざまな紬があります。
    紬は普段着として着用します。
    ※写真は結城紬
  • 黒地・紋付きの羽織りは礼装に、
    絵羽や小紋の羽織りは
    お洒落着として羽織ります。
    礼装には羽織りでなく、
    道行コートを着ます。

  • 帯にもきものと同じように、織り帯と染め帯があります。
    一般に金銀が入った唐帯・金襴・つづれ錦などの帯が正礼装用とされています。
    紬の帯は礼装には不向きです。
  • 広幅に織られた帯地を半分に折って
    芯を入れて仕立てたものです。
    正式の礼装のほか、花嫁の振袖や
    舞妓さんのきものに用いられます。

  • 丸帯に変わる現在の代表的な
    礼・正装、晴れ着の帯です。
    おしゃれ着専用のおしゃれ袋帯もあります。

  • 九寸名古屋帯(芯入り)と
    八寸名古屋帯(かがり)の2種類があります。
    九寸には染めのものと織りのものとがあり、
    八寸は織りだけです。

  • 半巾帯は、ゆかたやウールなどの普段着に用いられ、
    小袋帯は、普段着やパーティ用として
    小紋などとあわせます。


PAGE
TOP