きもの物語
きものと小物
  • 【きもの各部の名称】

  • きもの裏
  • きもの表

【きものに必要な小物】

  • 印のついた小物(長襦袢・肌襦袢・裾よけ・足袋・半衿・衿芯・帯枕・帯板)は、 「きもの着付おまかせ本科コース」についています。 (きもの・帯・ひも・伊達じめ・帯じめ・帯あげは無料レンタルも可能です)
  • 帯あげ
  • 帯を固定し、きもの・帯・帯じめと合わせてコーディネートを楽しみます。あまり見せるものではありませんが、 色使いで全体の引き締め役にもなります。
  • 帯じめ
  • きもの姿を引き立てる大切なアクセサリー。丸いものと平たいものがあります。そして、礼装用と普段用の区別があります。
  • ぞうりバッグ
  • ぞうりの大きさは、かかとが1cm出るくらいで、うしろの高さが、3~4cmのものが標準的です。礼装・正装用のぞうりやバッグは、金・銀・錦地などの布製が良いでしょう。
  • 肌襦袢
  • 美しく着付をするには、長襦袢をきちんと着ることから始まります。衿芯をつけて、すっきりとした衿元をつくりましょう。
  • 半衿
  • さらし木綿の単衣(ひとえ)ものが最適。礼装には衿ぐりが深く、レースなどの飾りがない方が良いでしょう。
  • 裾よけ
  • 半衿の白さは足袋の白さとともに、きもの姿を際立たせる大切なもの。色柄ものは、礼装や正装には用いません。
  • 裾さばきが良く、お手入れもカンタンなものを。
  • 足袋
  • 足に少しきつめの細い足袋を選びましょう。表キャラコ、裏地に木綿のあわせが最良です。
  • 腰ひも類
  • 長襦袢・きもの・帯など、着付方にもよりますが、巾3~5cmのものを、少なくとも5本は用意しましょう。
  • 伊達じめ
  • 長襦袢の胸元を整えます。両方の衿をはさむクリップがついたきものサッシュもあります。
  • 帯板
  • 帯の正面のシワをなくすため、帯の内側に入れて使います。横巾が広く、ベルトが付いたものが便利です。
  • 帯枕
  • いくつかの種類がありますが、使いやすいものを選ぶとよいでしょう。普通はガーゼにくるんで使います。


PAGE
TOP