きもの物語
  • きもの・帯のたたみ方
  • ほこりのつかない衣裳敷きの上などにおいて、
    たたみましょう。

【きもの本だたみ】

  • 1.
  • 本だたみ1
  • 1. 図のようにきものをおきます。
      下前を脇の縫い目にあわせて折ります。
  • 2.
  • 本だたみ2
  • 2. 下前を衽(おくみ)で折り返し、
      衿を折り目どおりに内側へ折込みます。
  • 3.
  • 本だたみ3
  • 3. 下前の衿と衽に上前の衿と衽を重ねます。
  • 4.
  • 本だたみ4
  • 4. 上前の脇縫いを両手でつまんで、
      下前の脇縫いに重ね、上になった袖を身頃に
      重なるように折り返します。
  • 5.
  • 本だたみ5
  • 5. 裾を持って肩山の方へ折り返します。
      袖たけが長いときは、袖の長さにあわせて折ります。
  • 6.
  • 本だたみ6
  • 6. 残った袖を全体の下へ折り返して、できあがり。

【袋 帯】

  • 1.
  • 袋帯1
  • 1. 帯の裏どおしをあわせて2つに折ります。
      表どおしをあわせる場合もあります。
  • 2.
  • 袋帯2
  • 2. さらにそれを3つに折ります。
      帯はいろいろなたたみ方ができますが、
      いつも同じたたみ方をすることで、
      シワの数を増やさないように心がけてください。

【長襦袢】

  • 1.
  • 長襦袢1
  • 1. 図のように長襦袢をおきます。上前が上になるように重ねます。
  • 2.
  • 長襦袢2
  • 2. 下前の脇縫いが身頃のまんなかに
      くるように折り、この折り山に袖口が
      重なるように袖を折り返します。
  • 3.
  • 長襦袢3
  • 3. 上前を下前とつき合わせるようにして折ります。
  • 3.
  • 長襦袢4
  • 4. 裾を両手で持って半分に折って、できあがり。


PAGE
TOP