くみひも物語 くみひもの組み方
くみひも KUMIHIMO
 組みひもの歴史は、遠く飛鳥時代にまでさかのぼります。巻物の結び紐、貴族の束帯、武具の結び紐などから女性の帯締めにいたるまで、実に多彩な用途に用いられてきました。
 江戸時代より前は、組みひもは高級品であり、豊臣秀吉等は、高い身分になって初めて、羽織紐として使ったとされています。

 江戸時代には羽織ひもが 量産されるようになり、組みひもは、その技術を一気に高め、社寺、服飾、鎧兜、刀の下緒などあらゆるものに使われ出しました。
用途に応じた組方は3,000種類以上にも及んでいます。

 また現代女性の高級な帯締めに用いられているような華やかで凝ったものは、かつては大名家や公家の間で用いられ、家格や地位を示すような、とても高価な品でした。



小角台(基本台)で、
つり四つ組。
台の写真 組みイメージ つり四つ組みイメージ
つり四つ組タイトル 金糸が入った「つり四つ組」は、華やかなので、
お振袖や訪問着などにぴったりです。

丸台で、
唐組。
丸台組み風景1 丸台組み風景3
丸台組み風景5
丸台組み風景2
丸台組み風景4
唐組イメージ
唐組タイトル 奈良時代から伝わる組み方で、
紬から訪問着まで、
幅広く使える帯締めです。

綾竹台で、
変わりかのこ組。



綾竹台タイトル たて糸とよこ糸の交差により出来上がる組み方なので織物にも似た、平(ひら)の帯締め(紐)を作ることが出来ます。
変わりかのこ組タイトル 白・銀ですっきりとした感じの帯締めにしてみました。


PAGE
TOP