ポリシー
  • ■〔プライバシーポリシー(個人情報保護のための行動指針)〕
  • 千恵きもの総合学院(以下「当学院」では以下のとおり、情報保護基本方針を定め、個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報)の適切な保護に努めます。
    1.当学院の業務実態に応じた個人情報保護のための管理体制を確立し、個人情報の適切な収集、利用及び提供を行います。
    2.個人情報への不正アクセス、情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の予防のため努めます。また、万一の事故発生時のための是正対策を立案・実施します。
    3.個人情報に関する法令及びその他規範を遵守します。
    4.個人情報保護に関するシステム・規程等を整備、外部委託先との必要な契約を締結し、継続した改善を行っていきます。
    5.当学院はこの方針を文書化し本規程に適用される対象者に周知します。
    6.当学院の従業者の一人ひとりが個人情報保護の重要性を認識し、個人情報の取扱が適正に行われるように、教育を実施し維持・改善に努めます。
    7.個人情報に対し、開示、訂正、中止を求められた時は、ご本人からの希望である事を確認し、確認できた場合はご希望に応じた対応を取らせていただきます。
      当学院は以上の方針を改定することがあります。


    〔個人情報の利用目的について〕
    当学院は、ご提供いただいた個人情報を利用する場合は、その都度利用目的を明示し、下記の目的の範囲内で利用いたします。
    また、ご利用者の同意を得ずに、明示した目的以外でご提供いただいた個人情報を利用する事はありません。
    ・当学院業務の提供に係わること
    ・電話、電子メール、郵送等各種媒体等により、当学院業務に関する販売促進・アンケート調査等の送付を行うこと
    ・当学院業務の改善または新たな業務の開発に係わること
    ・上記の他、当学院業務・営業に係わること
    ・なお、当学院は契約者との契約が解除された後も、本利用目的の実施に必要な範囲内で個人情報を 利用する場合があります。

    当学院は、ご提供いただいた個人情報について上記利用目的を達成するため、業務委託先または提携先に預託する場合があります。その場合、業務委託先または提携先と個人情報保護に関する取り決めを行い、個人情報保護に万全を期すよう努めます。また、法令等に基づき裁判所・警察機関などの公的機関から開示の要請があった場合には、当該公的機関に提供することがあります。

    2007年7月
    千恵きもの総合学院



    ■情報セキュリティポリシー
    千恵きもの総合学院は、情報セキュリティを企業の基本的かつ絶対的な姿勢とする目的で、この「情報セキュリティポリシー」及び先の「プライバシーポリシー(個人情報保護のための行動指針)」を遵守し、情報セキュリティ管理体制を維持していくことに努めます。

    1.情報セキュリティ管理体制の構築
    当学院が保有する全ての情報資産の保護に努め、情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守することにより、社会からの信頼を常に得られるよう、非常にセキュアな情報セキュリティ管理体制を構築していきます。

    2.情報セキュリティ対策を徹底したシステムの実現
    情報資産に対する不正な侵入、漏洩、改ざん、紛失、破壊、利用妨害などが発生しないよう、対策を反映したシステムを実現していきます。対策としては高セキュリティエリアでの作業、アクセス権の制限など、データへのアクセスを常にコントロールする考え方で臨みます。

    3.外部委託先の管理体制強化
    外部委託を行う際には、適格性を十分に考慮し、当学院と同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。また、セキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けるために、外部委託先を継続的に見直し、契約の強化に務めます。

    4.情報セキュリティポリシーの対象
    当ポリシーが対象とする「情報資産」とは、当学院の企業活動において入手及び知り得た情報、ならびに当学院が業務上保有するすべての情報とし、この情報資産の取り扱い及び管理に携わる当学院の「役員、社員、派遣社員」および、当学院の情報資産を取り扱う「業務委託先およびその社員」が遵守することとします。



    ■サイトポリシー
    本サイトからお問合せを頂く場合において、お客様のお名前及び電子メールアドレス並びにその他の関連する個人情報のご提供をお願いしております。
    お客様にご提供頂いた個人情報は機密扱いにされ、お客様からのお問い合わせに対するご返答、並びにお客様と当学院との関係に役立てるために使用します。
    お客様又はお客様からのお問い合わせ、ご相談内容に関する情報は、外部組織においてマーケティング又は勧誘に使用することを目的として外部組織に対して提供したり、売却することはありません。

    SSLについて
    当サイトでは、個人情報などを安心して入力していただけるように、個人情報を入力するページに暗号化技術の SSL(セキュア・ソケット・レイヤー) を導入しております。SSLでは、入力されたデータは、お使いのパソコンで暗号化されてから登録先のコンピュータまでのネットワークを流れます。ただし、インターネットの性格上、当学院が通信時のセキュリティを100%保証するものではありません。

    推奨ブラウザについて
    当ウェブサイトは、Microsoft Internet Explorer7以上のブラウザでのご利用を前提にしております。
    ※Microsoft Internet Explorerをお使いの方は以下の点にもご留意ください。
    Macromedia Flash Playerをダウンロードできない場合やインストール後も正常に表示しない場合は、以下の項目をチェックしてください。Microsoft Internet Explorerのセキュリティレベルが「高」になっていると正常に インストールおよびFLASHページの閲覧ができません。 以下の順でセキュリティレベルを「中」に してください。

  • 1.Microsoft Internet Explorerのメニュー[ツール]-[インターネットオプション]を選択します。
  • 2.「セキュリティ」タブをクリックします。
  • 3.インターネットゾーンのセキュリティレベルを「中」にして「OK」ボタンを押します。
  • 当サイト上では、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。ご覧になる際にはブラウザ設定でJavaScript を有効にしてください。




    推奨ブラウザをご利用の場合、ブラウザの設定を変更することでJavaScriptおよびスタイルシートを有効にすることができます。

    Microsoft Internet Explorer
    【Windowsをご利用の場合】
      ・JavaScriptの設定
    1.ツールバーの「ツール」をクリックし、「インターネットオプション」を選択します。
    2.「セキュリティ」のタブを選択し「このゾーンのセキュリティのレベル」内の「レベルのカスタマイズ」をクリックします。
    3.「スクリプト」内の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

      ・スタイルシートの設定
    1.ツールバーの「ツール」をクリックし、「インターネットオプション」を選択します。。
    2.「全般」のタブを選択し右下の「ユーザー補助」ボタンをクリックします。
    3.表示された画面ですべてのチェックをはずし、「OK」をクリックします。

    【Macintoshをご利用の場合】
      ・JavaScriptとスタイルシートの設定
    1.ツールバーの「編集」をクリックし、「初期設定」を選択します。
    2.「WEBブラウザ」の項目を選択し「WEBコンテンツ」を選択します。
    3.「アクティブコンテンツ」内の「スクリプトを有効にする」にチェックを入れます。
    4.「ページのコンテンツ」内の「スタイルシートの使用」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。




PAGE
TOP